硝子体について

硝子体の日帰り手術

硝子体手術とは

硝子体手術とは

硝子体手術とは、硝子体が原因で起こっている病気を治療するために、行われる手術です。硝子体出血、糖尿病網膜症、黄斑上膜、黄斑円孔、裂孔原性網膜剥離などが適応疾患となります。

硝子体とは、眼の中にある透明なゼリー状の組織です。これが加齢など様々な原因により、網膜を引っ張ったり、炎症を起こしたり、出血したり、白く濁ったりすることで、網膜できちんと像が結ばれるのを阻害します。

ただし、適応疾患がある場合でも、必ず手術が必要とは限りません。症状に応じて、適切に判断します。また、病状によっては、入院での手術が必要となる場合もあります。その時には、入院設備のある病院で手術を受けていただくことも可能です。

適応症例
  • 硝子体出血

糖尿病や、網膜静脈閉塞症といった疾患により、硝子体で出血が起こった状態です。

  • 糖尿病網膜症

糖尿病の進行により、網膜の中心にある黄斑部で浮腫(むくみ)が生じて、視力が低下する病気です。

  • 黄斑上膜

網膜(眼の奥にある神経の膜)のうち、視覚の重要な役割を担う黄斑部の上に、線維性の膜が1枚張られた状態をいいます。進行すると、視力の低下、ものが歪んで見えるなどの症状が現れます。

  • 黄斑円孔

黄斑部に小さな穴が開いた状態をいいます。視力の低下などの症状が現れます。

  • 裂孔原性網膜剥離

網膜にできた穴が原因で起こる、網膜剥離です。加齢など様々な原因で網膜が引っ張られたり、萎縮したりすることで発症します。

当院の手術の特徴

当院の手術の特徴

日帰り硝子体手術を実施

奈良市の石﨑眼科医院では、硝子体手術を日帰りで受けていただけます。コンステレーション(Alcon)という、大学病院レベルの最新の網膜硝子体手術用機器を導入していて、従来よりも、低侵襲かつ短時間での手術が可能となります。25G(0.5ミリ)または27G(0.4ミリ)という、非常に小さな穴を眼球に開けるだけで手術できるので、お体への負担が少なく、良好な予後が得られます。また、効率良く手術できるので、手術時間の短縮にも繋がります。
この機器を活用することで、専門機関でしか行えなかった難症例にも、安全に対応することが可能となりました。しかし、適切に診断して、当院で対応が難しいと判断した場合には、しかるべき専門機関をご紹介します。

ワンストップで最後まで対応

初めは、糖尿病網膜症の治療でご来院されて、病状が悪化したため、硝子体手術が必要となった場合でも、ワンストップで最後まで対応することが可能です。「他院で手術を受けてきてください」と言われることなく、同じ眼科医に診てもらうことができます。

安心・安全に手術を実施

総合病院と比べても遜色のないスペースの、広々とした手術室を完備。清潔な状態で、安全に手術を実施します。また、手術の際には、看護師と麻酔科医がついて、患者さんのお体に異常がないか常に観察します。
安心・安全に硝子体手術が受けられる環境をご用意していますので、「目を手術するのは怖い」という方も、安心してご相談ください。

硝子体手術の流れ

硝子体手術の流れ
1麻酔

まずは、目薬で麻酔を実施します。その後、目薬が十分効いた状態で、麻酔注射を行います。痛みはほとんどありませんので、ご安心ください。麻酔の効き目が不十分な場合には、随時、追加することが可能です。

2穿孔

白目部分に、小さな穴を4箇所開けます。そこから、硝子体を取り除くためのカッター、眼内を照らすための証明など、細い器具を挿入します。

3空気またはガスを注入

病状によっては、術後、眼内に空気またはガスを注入することがあります。その場合、うつむき姿勢をとっていただく必要があります。

硝子体手術の実績

実績・経験が豊富です

実績・経験が豊富です

当院長は硝子体注射が日本で導入された当初からの経験、また大学病院時代に専門外来を担当しておりましたので、豊富な経験があります。

硝子体手術の費用

1割・2割負担の場合 上限14,000円
3割負担の場合 120,000程度(70歳以上の方は上限57,600円)

硝子体注射

硝子体注射とは

硝子体注射とは

硝子体注射は、当初、加齢黄斑変性に対する治療として行われ始めたものです。網膜の下の、新生血管を消失させる効果があるお薬(抗VEGF物質)を、眼の中に注射します。

これまで、加齢黄斑変性のみが適応となっていましたが、近年、強度近視による血管新生や、網膜静脈閉塞症による黄斑浮腫、糖尿病による黄斑浮腫などの病気にも、この治療を行うことができるようになりました。

当院の注射の特徴

手術室で安心・安全に実施

手術室で安心・安全に実施

当院の硝子体注射は、感染リスクを抑えるために、清潔な手術室で安心・安全に実施します。適応疾患がある場合でも、注射が必要かどうかは病状によって異なりますので、適切な診査・診断のうえ、決定します。

維持療法にも対応

他院で硝子体注射を受けられた場合でも、維持療法として、当院で引き続き注射を行うことも可能です。お気軽にご相談ください。

硝子体注射の流れ

硝子体注射の流れ
1麻酔

目薬で麻酔を実施します。

2注射

眼の周囲や、中をしっかりと消毒したうえで、白目に注射を行います。

3ご帰宅

注射後、特に安静にしていただく必要はありません。眼帯をして、そのままご帰宅可能です。

4注射当日の注意

注射当日は、激しい運動や、過度な飲酒はお控えください。

硝子体注射の実績

年間50件の豊富な実績

硝子体注射の年間実績は、50件程度です。豊富な実績がありますので、硝子体注射は奈良市の石﨑眼科にお任せください。

硝子体注射の費用

1割負担の場合 15,000円程度
3割負担の場合 50,000円程度

ご相談はお気軽に

眼のことでお悩みでしたら、奈良市にある石﨑眼科医院まで。
まずはお気軽にお問い合わせください。

pagetop